古着の魅力について語ってもらいました!!   町中おしゃれ古着屋インタビュー第1弾!    chou chou vintage(大阪 中崎町)

 

 cawaiiArt店長 碩(せき)が愛してやまないヴィンテージやアンティーク。

古着の中にはまだまだ宝が眠っています。

古きよきものの本当の価値って?

餅は餅屋。

古着の事は古着屋に聞け!!

そんなわけで碩(せき)おすすめの、大阪は中崎町の古着屋さんに突撃インタビューに行って参りました。

 

 

1軒目はchou chou vintageさん。

古着の魅力存分に語って頂きましょう。

 

 

f:id:cawaii-mori:20170507094314j:plain

こちらが、オーナーの木田万都香さん(左)と山脇祐さん(右)。いつもニコニコ、笑顔で出迎えてくれます。

 

Q1.買い付けはどこに行ってますか?

 

A:(木田さん)主にロサンゼルスに行っています。スリフト、フリーマーケット、イベント等で買い付けます。
中心街よりも郊外に行くことも多くて。田舎の方が落ち着きます、お店のお姉さんがすごく優しかったり。
街並みがとてもかわいくて。街によって建物が全然違うのが面白いんですよ。
郊外では、古着屋さんやアンティークモールに行く事が多いです。ティークモールに行く事が多いです。

 

f:id:cawaii-mori:20170507094639j:plain

店内もかわいくディスプレイ。飾ってあるものの一つひとつにセンスを感じます。

 

Q2.どんな商品を買うように心がけてますか?

 

A:(木田さん)ときめいたものは連れて帰るようにしています。「これ」と思ったものは買います。時には一度あきらめて「やっぱり」と戻ることもあります。
二人で買い付けに行くので相談して決めています。

 

f:id:cawaii-mori:20170507094813j:plain

試着室のクッションもかわいい。細部までこだわりを感じますね。

 

Q3.メイン商品は何ですか?


A:(木田さん)50年代~70年代のヴィンテージが多いです。
基本はやっぱり好きだなと思える物。やわらかな優しい色のものが多いです。
色は偏りがないように配慮しています。
ホテルに帰って買ったものを見直して、あ、これが足りないなとか。
70年代のドレス(ガニ―サックス)等も見ますが、サイズが日本人女性に合うか、コンディションはどうかは必ず確認してます。
必要に応じて、お直しも自分たちでやってます。
丈直し、ほつれ、染み抜き等々、やれる範囲で取り組んでいます。

 

f:id:cawaii-mori:20170507095004j:plain

こちらは、パステルカラーのお洋服たち。優しいトーンに癒されます。

 

Q4.お店のコンセプトは?


A:(山脇さん)古着を通してお客様とつながる事を大切にしています。SNSを見てお店に来てくださる方もおられてすごく嬉しいです。
岡山から車でお越しになる常連さんや、東京や四国、北海道からも来てくださるんです。SNSってすごいなと改めて思います。

(木田さん)大人の女性の方でも古着を着て欲しいなと思っています。
年齢によって、同じ服でも見えかたって変わってくるし、似合い方が変わってくると思うので。
新しい自分を発見してもらえるきっかけになればいいなと思います。

 

f:id:cawaii-mori:20170507095238j:plain

カラフルなジュエリーたち。どれもこだわって選び抜いた一点物です。

 

Q5.ズバリ古着の魅力とは?


A:(木田さん)宝物にしか見えないです。何十年も前のお洋服が、色褪せたりすたれる事のないデザインで、目の前にあるという奇跡。全てが美しくて、全てが好きです。

 

Q6.お二人が古着を好きになったきっかけは?


A:(山脇さん)僕は、兄がよく古着屋に行っていて、その影響で通うようになりました。店員さんが着ている服をみてカッコイイなって。そこからヴィンテージにはまりました。
本当に欲しいという時は、学校の授業をサボって買いに走ったほどです(笑)


(木田さん)私は、元々高校のころ田舎に住んでいて、雑誌を見て憧れていました。
大学生になったら、大阪にでて絶対古着屋さんに行くんだ!!って。そこから、古着屋さんに通うようになって、50年も前の洋服が目の前にあるって衝撃で。
どんどんはまっていきました。まだその「病」から抜け出せてないんです。

 

f:id:cawaii-mori:20170507095406j:plain

コリンズバッグやヘッドドレスなどのコアなアイテムも勢ぞろい。レディライクな物がお好きな方に。

 

皆さんに是非メッセージを!!


(木田さん)古着=安い というイメージを持つ方が多いと思いますが、そうではないように思います。
誰かが使っていたという事は、誰かに大切にされてきた歴史があります。
ポケットの中に映画のチケットや切符があったりして。
どんな歴史をどんな人と過ごしてきたんだろう。
価値観を変えるのって難しいとは思うのですが、そんな価値を伝えていきたいなと思います。

 

 

 f:id:cawaii-mori:20170507094024j:plain

chou chou vintage

530-0015
大阪府大阪市北区中崎町西1-7-14
サンコーレトロ201号室
OPEN:13:00
CLOSE:20:00

webshop http://chouchouvintage.stores.jp

✉️chou_chou_vintage@yahoo.co.jp

instagram

www.instagram.com


定休日:金曜日